WBR(ウッドブレイン)構法とは?

「遮熱+断熱」で冬ぽかぽかで、夏はひんやり

透湿防水シートは遮熱型を用いることにより、防水だけでなく外壁からの熱をシャットアウト。断熱性能を効果的にフォローします。

断熱材はロックウールやグラスウールを用いることなく、アクアフォームを直接吹きつけることにより、施工性の向上と断熱性能の向上を両立し、さらに気密性を高めています。

さらに外壁通気工法の採用により、結露による建物の劣化を防ぐことができ「長持ち&快適」に暮らせるよう、コストと性能のバランスを最大限に高めたオリジナルの構造設計。

フレックシリーズはこの「遮熱」+「断熱」工法をWBR構法と名づけ、高い断熱性能で心地よい暮らしをご提供しています。

フレックはなぜ安いのか?

1.5ヶ月(45日)!工期短縮によるコストダウン

全体の建築コストは建築資材と職人の手数によって構成されています。

通常、建築にはさまざまな工種(大工、基礎、左官、内装、電気など)と専門の職人を必要としていますが、コンパクト住宅フレックは、設計の段階で無理や無駄を徹底的に省き、施工性を高め、施工方法を平準化し簡略化しました。

プレカットされて納入された建築資材は短時間で組み立てやすく、難しい作業は一切ありません。

これらは長年にわたり鉄筋コンクリート造賃貸住宅ブレインマンションの建築で培った建築ノウハウであり、このすべてをWBR構法に応用した結果、一般的な木造建築に比べて約50%の工期短縮につながり、建築コスト圧縮の大きな決め手となっています。

ブレインマンションで培った技術

一括大量仕入れによる建材資材、住宅設備機器のコストダウン

プレカット木材

建築資材は提携のプレカット工場から現場に納入されます。1棟ごとの発注ではなく、企画商品の特徴として一括大量発注を行っていますので、コストダウンに大きく寄与しています。

また、住宅設備機器や建具、建材などは、フランチャイズ方式で全国展開しているブレインマンションと同じ部材を用いることにより、こちらも大量に買い付けて、スケールメリットによるコストダウンを実現しています。

フレックの構造&工法

壁断面図

木軸金物工法

プレカット木軸金物工法を採用することにより施工性の向上と高い耐震性能を兼ね備えます。

パネル工法

MDFボード(構造用パネル)を採用するによって、耐震性能が高まり、安心安全な暮らしをサポートします。
※フレックフィットを除きます。

ベタ基礎

ベタ基礎しっかりとした鉄筋コンクリートベタ基礎工法で面で建物を支えます。ベタ基礎は防湿コンクリートとしても機能するため、床下の結露対策にも有効です。

外壁通気工法

外壁通気工法サイディングの留金具による外壁通気工法を採用し、結露による建物の劣化を防ぎます。

遮熱形透湿防水シート

遮熱形透湿防水シートにより、防水だけでなく、外壁からの熱をシャットアウト。断熱性能を効果的にフォローします。

アクアフォーム

アクアフォームアクアフォームを直接吹きつけることにより、施工性の向上と、断熱性能の向上を両立しています。構造用パネルと間柱にできる隙間を密閉し、気密性能も高めています。

ページの先頭へ

  • スタッフブログ

最新実例RSS

利便性に富んだサンルーム付きの戸建賃貸

サンルーム付きの戸建賃貸フレック!
白で統一された外観はきれいな街並みを実現。
コンパクト住宅でありながら、適材適所の収納スペースを確保した間取りとなっています。

最新施工実例一覧へ

【ルミナス倶楽部】長野県の分譲地情報

ヤマウラの住まい