不利な立地環境の土地でも活用可能性が広がります

3.不利な立地環境の土地でも活用可能性が広がります

立地のデメリットをカバーする戸建賃貸の魅力

たとえば市街地中心部や幹線道路・駅などに隣接している土地などは、一般的に賃貸住宅経営に適している土地と考えられてきました。
いっぽうで、郊外にあったり幹線道路から離れている土地などは、これまでは活用方法が限られ、賃貸住宅経営は難しいと考えられてきました。

FleCは、需要に対して圧倒的に供給が不足している戸建賃貸住宅ですから、多少の不利な条件でも入居者は確保しやすいといえます。

環境の良さを活かせるファミリー向け戸建賃貸

子育て期のファミリー層特に、子育て期のファミリー層は、従来のアパートなどの遮音性の低い集合タイプの賃貸住宅では、生活音や子供が発する音や声などに気を使わなければならないことから、戸建賃貸住宅へのニーズを強くもっています。

このようなファミリー層に適した戸建賃貸なら、立地のデメリットをカバーしながら、ゆとりの子育て環境を提供できる賃貸住宅としてアピールすることも可能です。

お問い合わせ

ページの先頭へ

  • スタッフブログ
  • 資料請求
  • WBR構法とは?
  • 土地活用に最適な「フレックフィット」