節税対策になります

6.節税対策になります

固定資産税の軽減

FleCを建築することで、その敷地は小規模住宅用地として1戸あたり200平方メートルまでの部分は固定資産税が6分の1に、200平方メートルを超える部分も3分の1に軽減されます。

都市計画税は1戸あたり200平方メートル以下の部分は3分の1に、200平方メートルを超える部分は2/3に軽減されます。

また、建物は新築後3年間は、固定資産税が2分の1になります。

このように固定資産税が軽減されるため、固定資産税の負担の増加を抑えながら、手持ちの不動産を収益物件にすることができることになります。

所得税の節税

所得税の節税
クリックして拡大
FleCによる賃貸経営では、管理コスト、ローンの支払金利などの「実際に支払う経費」以外にも減価償却費という「帳簿上の経費」を計上することができ、課税対象額を抑えることができます。(右図)

また、青色申告をすることで特別控除が受けられたり、事業的規模以上で経営する場合には、手伝ってくれている親族への給与を経費とすることも可能になります。

事業的規模について

複数の賃貸住宅を経営されている場合は、それらをあわせて事業的規模となるかどうかで判断されます

相続税評価の引き下げ

FleCで賃貸経営をしている土地は、「貸家建付地」として評価が低減されます。建物についても、貸家としての評価となりますので評価額を引き下げることができます。

土地・建物の引き下げ効果

敷地の借地権割合によって変わりますが、賃貸住宅を建築すると土地は時価の9~27%引き下げることができます。

また、建物の評価額は一般に建築費の60~70%程度となり、さらに貸家評価により30%低減されることから、トータルで評価額は建築費の半分程度まで引き下げられます。

お問い合わせ

ページの先頭へ

  • スタッフブログ
  • 資料請求
  • WBR構法とは?
  • 土地活用に最適な「フレックフィット」